【かんたん!】ふるさと納税の手続き(初めての人向け)

タンタン老师

みんながやってる「ふるさと納税」、やってみたいけどどうやったらいいのかな?

いちご

わたしも今まで2回行ったことがあります。今年は静岡県に寄附して返礼品のトイレットペーパーをいただきました。

タンタン老师

ぼくは外国人だけど、ふるさと納税できるのかな?

いちご

ふるさと納税は利用する際に資格や条件はとくにありませんので、外国籍の方でも納税をすることが出来ますよ。

タンタン老师

そうなんだ!よかった。じゃあ詳しく教えてね。

ふるさと納税は日本人はもちろん、外国人の方も誰でも申し込みが出来ます。

  • ふるさと納税をやってみたけど、初めてでよく分からない。
  • ふるさと納税の申し込み方法を知りたい。

こういった問題を解決します。

目次

ふるさと納税のしくみ

ふるさと納税は地方創生に役立てる寄附の一種です。

好きな市町村を選んで寄附が出来ます。

寄附をすると各地域の名産品などの返礼品をもらうことができ、控除上限額内の2000円を超える部分の税金は還付・控除されます。

総務省のホームページにも詳しい説明の記載があります。(総務省のHPはこちら

寄附金控除上限額を調べる

まずは自分の寄附金控除上限額を調べましょう。

年収や家族構成などにより寄附できる金額が異なります。

このサイトを使うと簡単にシュミレーションできます。

https://www.furusato-tax.jp/about/simulation?header_guide

寄附金控除上限額がわかったら、次はいよいよ返礼品の選定です。

返礼品を選ぶ

いろんなサイトでふるさと納税を扱っています。

など、いろんなサイトがあります。他にもたくさんあります。

いちご

今回わたしは楽天のサイトで申し込みました。

サイトを見に行くとわかるように、さまざまな商品がたくさんあってどれにしようか迷います。

よく話題に上がるのは、お肉や海の幸など美味しそうな食品ですが、お布団などの寝具や、お花、観葉植物などありとあらゆるものがあります。

ちなみにわたしはトイレットペーパーを選びました。

美味しそうなカニやホタテや牛肉もいいけど、食べきれないかもしれない。だから賞味期限がないものを選ぼう。

買い物の時に荷物になるから、宅配で届けてくれるものだといいな。

・・・そんなわけで「そうだ!トイレットペーパーにしよう!」となりました。(笑)

寄付する

商品が決まったら、納税の手続きをします。

私は楽天を利用したので、楽天市場で買い物をする時と同じようにクレジットカードを利用しました。

「ふるなび」で寄付をすると、アマゾンのギフト券コードがもらえるというメリットもあります。

上記のようなサービスを利用して、よりお得に納税が出来るといいですね!

お手紙が来る

納税してしばらくすると寄付した自治体からお手紙が来ます。

内容は

  • ふるさと納税寄附金受領書の送付について
  • 寄附金受領書
  • 寄附金税額控除に係る申告特例申請書(ワンストップ特例制度に使用します)

です。

「ワンストップ特例申請書」についてはあとでお伝えします。

返礼品が届く

私の場合は申し込みから2週間ちょっとで返礼品が届きました。

いちご宅に届いた返礼品

返礼品が届くタイミングは自治体やお品物によって異なるようです。

寄附金控除の手続きを行う

「ワンストップ特例制度」とは 「確定申告をする必要のないサラリーマンが気軽にふるさと納税を利用することができるように。」と2015年に導入された制度です。この制度が適用される人と適用されない人がいます。

「ワンストップ特例制度」が適用される人

いちごのようにサラリーマンなど給与所得者で、寄附先が年間5自治体以下の人は適用されます。→確定申告の必要はありません。

ワンストップ特例制度 利用の流れ
  1. 「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」に必要事項(マイナンバー含む)を記入する。
  2. 上記申請書と本人確認書類(運転免許書、パスポート、在留カードなどのいずれかのコピー)を寄付した自治体に郵送する。
  3. 後日、自治体より「特例申請受付書」が届く。この受付書が届いたら、ワンストップ特例制度の受付がされたことになる。(必ずしも受付書が返送されるわけではないので、必要に応じ自治体に問い合わせましょう。)

「ワンストップ特例制度」が適用されない人

自営業者やフリーランスなどの給与所得者ではない人、サラリーマンでも住宅控除を受けている人や、年収2000万円以上の人、6自治体以上に寄附した人は適用されません。→確定申告が必要。

確定申告に必要なふるさと納税関連の書類
  • 源泉徴収票
  • 寄附先の自治体が発行した「寄附金受領証明書」
  • 還付金受取口座の通帳
  • 印鑑
  • 「個人番号確認の書類」と「本人確認の書類」の原本またはコピー

「ふるさと納税」を実施し、確定申告を行うと、所得税、住民税(都道府県民税および市町村民税)の納税額が減ります。

まとめ

ふるさと納税はとてもかんたん!誰でも出来ます。

  1. 寄附金控除上限額を確認する。
  2. 返礼品を選び寄附する。(寄付する自治体を決めて申し込みをする。)
  3. 寄附金受領書を郵送で受け取る。
  4. 返礼品が届く。
  5. 寄附金控除の手続きを行う。

今回わたしが寄附をした静岡県富士市の市長から、このようなメッセージが同封されていました。

自然、歴史、人などあらゆる恵みに感謝できる豊かな心を育み、市民一人ひとりが自分らしく輝く”まち”、そして、世界で唯一、海と富士山が市域にあることが生む多様性や個性、前向きなチャレンジ精神に溢れるオンリーワンの”まち”の魅力を、積極的に発信してまいりますので、引き続きご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

富士市市長

これを読んで私は日本人も外国人も大好きな富士山を有する富士市に寄附できてよかったなと感じました。

今後も地方活性化のために、少しでも役にたてて、自分も嬉しいこの「ふるさと納税」を続けていきたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京都在住。
楽しいことはないか
e-bikeでどこか探しに行っています。
HSK4級(2020年12月現在)

コメント

コメントする

目次
閉じる